性病検査を受けた方の検査体験談

HIVに怯えて自分で行える検査キットを購入。

たまたまHIVについて詳しい知人がいて、一度は検査をした方が良いと言われてとても不安になってしまいました。

 

今までに交際してきた人数が多いわけではなく、また、不特定多数の人間と性行為を行っているわけではないのでまさかと思いましたが一度考え始めたら止まらなくなってしまって、もし感染していたらどうしようとビクビクして過ごすようになってしまいました。

 

なので知人の言う通りに検査を受けることにしました。

 

しかし検査を受けることを他人に知られたくないのでどのようにしたらいいのかと迷いました。

 

いつどこで誰が見ているかわからないし、もし誰かに知られて噂を流されたらたまったものではないと思ったのです。

 

そんな時に自分で行える検査キットの存在を知りました。

 

性病検査で検索していたら発見したのですが、これなら誰にも知られずに検査を受けることができるので買うしかないと思いました。

 

性病であれば早めの対処、そうでなければ安心感を買ったのだと思うようにして検査キットの購入を決意しました。

 

クラミジア等の検査もできるキットを買って、手順に従って採血や採取をしました。

 

注射が苦手なので自分で自分に注射をするのかとガクガクブルブルしていましたが実際は器具を使用して指先に少し針を刺すだけなので注射よりも不快感がありませんでした。

 

検査の結果が出るまで一週間ぐらいかかりましたが生きた心地がしませんでした。

 

万が一感染していたらと考えては震える夜を過ごしました。ネガティブなことばかり思い浮かぶので仕事でもミスを連発していた時期です。

 

その後、検査結果をインターネット上で確認しました。

 

幸いなことになんの病気にも感染しておらず心の底からほっとしました。

 

性病検査はするまでに勇気が必要ですが、検査した後は本当に安心できたのでやってみてよかったと思っています。

 

婦人科のクリニックで性病検査をした体験談

20歳の女子です。私には彼氏がいます。

 

体験人数は3人で、この間もいつものように彼とHをしました。

 

そのあとでしょうか。あそこの辺りに痛みを感じるようになって、これは少しおかしいな、と思うようになりました。

 

その時は単なる生理痛だろうと思っていましたが、軟膏を塗っても収まりません。

 

これはもしかしたら学校で教わった性病なのかな、と不安を感じるようになりました。

 

仕方がないので何かしらの検査をしないと決まりのつかない不安な気持ちに苛まれるようになりました。

 

結局頼ったのは、病院うちの近所にある婦人科のクリニックでした。

 

病院で性病検査をする場合には、少し時間がかかるのがつらいところです。

 

電話で予約してから診察日まで1週間。早く診断の結果を知り、楽になりたいっていう気持ちが強かったです。

 

初めはものすごく恥ずかしかったです。性病にかかってしまったなんて、もちろん、お父さんやお母さんに話すことなどできません。

 

待合室に行っても看護婦に馬鹿にされているのではないかという、自分勝手な疑心暗鬼にも陥りました。

 

その婦人科のクリニックに行って問診表書き、医師の診断を受けました。

 

とても恥ずかしい経験でしたが、結果がわかったのでよかったです。クラミジアにかかっていると言われました。

 

名前だけは聞いたことがあるんですが、ほうっておくと子供がほしいときにできなくなるみたいです。

 

抗生物質をもらってその薬を飲むようになりました。1カ月もすると、いつの間にか痛みが治まっていて、完全に治ったようです。

 

セックスをするパートナーがいる女性の方は、普段から性病の検査をしておいたほうがいいと思います。

 

病院に行くのが恥ずかしい方は、検査キットなども販売されているので定期的に使ったほうがいいと思いますよ。